弁護士紹介Member

 

山岡 裕明

山岡 裕明Hiroaki Yamaoka

所属
第一東京弁護士会(2010年弁護士登録)
経歴
東京大学法学部卒業
中央大学法科大学院修了
University of California, Berkeley, School of Law客員研究員(2019年~)
役職等
・特定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会(2016年~)
・情報セキュリティスペシャリスト(2016年~)
・内閣サイバーセキュリティセンター サイバーセキュリティ戦略本部
 サイバーセキュリティ関係法令の調査検討等を目的としたSWG タスクフォース 構成員(2019年~2020年)
・税務大学校 非常勤講師(商法演習)(2021年~)
著書・論文
・「サイバーセキュリティと企業法務」ビジネス法務2017年10月号~2018年1月号
・「情報漏えいと取締役の情報セキュリティ体制整備義務」中央ロー・ジャーナル14巻3号
・「経営者の喫緊の課題 新たなサイバーリスクへの向き合い方」ビジネス法務2018年9月号
・『デジタル法務の実務Q&A』(共著)日本加除出版2018年11月
・「IT関連の最新動向と法務リスク」 会社法務A2Z 2019年3月号
・『行政手続ハンドブック』(共著)ぎょうせい2019年6月
・「海賊版対策としてのCDNサービスに対する仮処分手続を利用した削除及び開示請求の有効性」法とコンピュータNo.37
・『経営者のための 情報セキュリティQ&A45』(共著)日本経済新聞出版社2019年11月
・「サイバー犯罪における米国の証拠開示制度(ディスカバリー)の活用」BUSINESS LAWYERS Website2019年12月
・「Googleのサービスを利用したインターネット上の違法行為に対する米国の証拠開示制度(ディスカバリー)の活用」BUSINESS LAWYERS Website2020年5月
・『インターネット権利侵害者の調査マニュアル~SNS投稿者から海賊版サイト管理者の特定まで~』中央経済社2020年7月
・「米国のサイバーセキュリティ法制と訴訟リスクの検討(上)(下)」ビジネス法務2020年9月号~10月号
・「サイバーセキュリティリスクに備える契約上の留意点」旬刊経理情報2021年1月1日号/10日号 
・『業種別にわかるデータ保護・活用の法務Q&A』(共著) 中央経済社2021年4月
・「脅迫型サイバー攻撃の現状と企業対応の実務」会社法務A2Z 2021年4月